セルフ除霊の方法

簡単に浄霊!霊を除霊師に頼らず自分でセルフ除霊をする方法

もしかして、自分、霊に取り憑かれたかな?とか、部屋で怪奇現象が起こる。なんだか霊が部屋にいるかもしれない・・・。

除霊をしたいけど、方法も分からないし、除霊師に頼むお金も知り合いもいない。

そんな時に役立つ自分でセルフ除霊をする方法をご紹介したいと思います。

何度もご説明しますが、私、龍は大学の関係で寺の息子、娘が多く、除霊についても色々話を聞いていますので、その経験を織り交ぜてご説明したいと思います。

除霊をする前に注意したいこと

自分で除霊をするセルフ除霊ですが、いくつか注意していただきたいことがあります。

それは、霊能力者ではないあなたが除霊したとしても、根本的に除霊できなかったり、再憑依される可能性は十分にあるということ。

本来は除霊師に依頼すべきことですから、まずはセルフ除霊を試してから、神社やお寺に相談することをおすすめします。

また、自己暗示にかかっているだけの場合もあります。思い込みです。一度、客観的にそれが霊現象なのかどうかを考える必要もあります。

最後に、元々、霊はこの世に未練や恨み、何かしらの負のオーラを抱いて亡くなった方の念です。あなたの気持ちがネガティブのままだと、いつまでたっても解決はしませんので、精神的にポジティブになれるように努力はしなければいけません。

以上のことをお約束いただけたら、お読みいただければと思います。

霊に対して怒る

これは、実際に私が何度か試したことなのですが、実際に心霊の存在を感じてしまったら、強く怒りの気持ちをもって、声に出して大声で「こっちに来るな!出てゆけ!」と叫んでみると、心霊現象がピタッと終わることがあります。

2000年代に東南アジアのカンボジア、タイ、ラオスをバックパックで旅行したことがありました。

もちろん、お金もそれほどない状態での旅行だったため安宿に泊まることになるのですが、中には廃屋や廃ビルの一部を貸し部屋として旅行者に泊まらせているゲストハウスがありました。

これらのゲストハウスやホテルの中には、自分の部屋以外は本当に廃ビルや廃屋感が満載なところもあり、心霊現象も実際に起こっています。

金縛りにあったり、誰もいないのに誰かが通路を歩く音がしたり。

特にヤバイなと感じたのがラオスの廃ビルで、私の部屋以外は廃墟でした。そして、管理人も夜にはいないのです。

すると、深夜に電灯が消えたりするんです。でも、私の部屋だけ。停電ではありません。もちろん、電球の問題でも・・・。

ここで、実践したのが、先ほどご説明した「出てゆけ!」と怒りを込めて怒鳴ってみたのです。

それでピタッと怪奇現象が終わりました。

幽霊は負のオーラを好むので、やはり心理的に弱い人に寄ってきやすいんですね。人の良い人は漬け込まれやすいのと同じです。

だから、心を強くもって、「こっちに来るな!」と怒ることで離れていったのでしょう。

私の経験では、これだけでも十分に除霊の効果がありました。

塩を部屋の四つ角に置き玄関に盛り塩

これは寺の息子に聞いた話しなのですが、盛り塩で簡易的な除霊ができるそうです。

塩は元々、空間を清める効果があると言われており、お葬式の後に体を清めるためにも使われますよね。

方法は、人工的に作られた塩ではなく、天然塩を使うことがポイントです。天日塩や岩塩など天然の塩を使うと良いでしょう。

これをお皿に三角に盛り、怪奇現象やポルターガイストが起こる部屋の四つ角に置きます。

また、玄関の両脇にも同じように盛り塩を置きます。

これで1日したら、必ず塩は水に流して捨てましょう。絶対に食べたり、部屋の中に残してはいけません。

塩が霊の負のオーラを吸収するからです。塩の効果は1日が限度と聞いていますので、毎日、新しい塩に変える方がよいでしょう。

これで1週間程度続けると除霊の効果があると聞いています。もちろん、新しい塩であれば、体につける、舐めるなどでも自身を守るために有効ですからオススメです。

部屋の環境を整える

霊は空気の淀むところに溜まりやすいです。

霊は念です。中国の気功の気に似ていると考えてもよいかもしれません。

ただし、気功とは異なりネガティブな負のオーラであることです。従って、悪い空気が溜まるところには悪い気も溜まりやすいのです。

まず、部屋に太陽の光を入れて、陰々滅々な雰囲気を吹き飛ばします。そして、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。(ただし、日中が良いでしょう。夜は負のオーラの空気を入れやすくなります。)

部屋が散らかっている場合は、悪い気が障害物に阻まれて溜まりやすくなりますので、部屋もクリーンに掃除をした方がいいのは言うまでもありません。これだけで除霊の効果があるわけではありませんが、必ず他の除霊法と組み合わせて実施したい方法です。

水場を掃除する

部屋を整理するのと同時に水場は必ず掃除します。キッチンだけでなく、お風呂場の掃除も必須です。

特にお風呂場は残り湯などが残っていたりして、古い水が留まりやすい場所です。このような古い水は負のオーラを引きつけやすく、幽霊を引きつけやすい部屋を作ってしまいます。

お風呂やキッチン、洗面所、トイレ。水に関係する所は必ず掃除しましょう。

また、部屋内だけでなくベランダなど、自分の敷地内は必ず綺麗にし、悪い水が残らないように気を使いましょう。

明るい音楽を音量高めでかける

何度もお話していますが、自分がネガティブな気持ちになったり、精神的に弱くなると、霊はあなたの弱く不安な心に漬け込みやすくなります。

それでは、いくら他の除霊方法を試しても効果はありません。

部屋に明るい音楽を流し、自分のテンションを上げることで、霊を跳ね除ける力を蓄えます。

また、やはり、雰囲気的に明るい場所には霊は寄ってきません。だからこそ、明るいポップな音楽を音量高めでかけるのです。

お経を流すなんて情報もありますが、私はおすすめしません。お経はプロがしっかり学んで使うものだと思います。

素人が除霊するにはお経よりポップな音楽で明るい部屋を作る方が大切なのではないかと思います。

まとめると

以上が私が知っている除霊方法ですが、まずは試してみてください。そして、早めに除霊師や神社や寺などに相談することをおすすめします。

【関連記事】
オススメ記事!霊障のお祓い!神社に頼めなくても相談できる霊視・除霊が得意な占い師7選

この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 1 reviews
by ghost84 on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

自分は怖い話は好きなのですが、霊感がないため「万が一、幽霊に憑りつかれたらどうすればいいんだ?」と思っていたので、この記事はすごく面白かったです。今のところ、この記事で得た知識を使う機会は残念ながら(?)使う機会はなさそうですが(笑)

ただ、部屋の四つ角に置いた盛り塩は結界で、結界の外にいる幽霊を中に入れないようにできるが、元々部屋の中に幽霊がいる場合は結界の中に閉じ込めてしまうので逆効果、みたいな話を聞いたことがあります。そのため、この部分だけは大丈夫なのか、ちょっと不安になりました。