夜の公園の心霊体験

ポケモンGOでヤバイ場所へ!踏み入れた霊場

46歳 会社員 男性の恐怖体験

私は40代の独身男性です。

ゲームが大好きでポケモンGOにもハマりました。
ポケモンGOやりたさにモバイルバッテリーまで購入した程です。

しかしある恐怖体験を経験してからポケモンGOは一切やらなくなりました。

和歌山県のポケモンGoスポットで

その恐怖体験は今から二年前の夏の終わりの出来事です。
場所は和歌山県和歌山市の某お城近く。

この頃はスマホゲーム・ポケモンGOがリリースされたばかりで、私もハマりました。
普通にウォーキングするだけだとすぐ飽きますけど、ポケモンを探つつだと普段とは違うルートを通ることになります。

それが良い刺激になるんですよね。

良い気分転換にもなるし日頃の運動不足解消も出来るし、ウォーキングでダイエットまで。

ということで、仕事を終えてからポケモン探しの旅(ウォーキング)をよくしてました。

深夜の快適なウォーキングのつもりが

しばらくすると、仕事から帰ってすぐにウォーキングするよりも深夜の方が快適に出来ると気づきます。
深夜だと他プレイヤーは少ないですし、この頃は深夜になると凄く涼しくなります。
夜20時ぐらいのウォーキングだと汗ばんだりしますが、深夜だと汗一つかきません。

私の住んでる所は中核市中心部なので、深夜でも街灯のおかげでとっても明るいんです。

深夜0時過ぎても女性の一人歩きが出来るほど良い治安ですし、ポケモン探しの旅は深夜へと移行しました。

普通にウォーキングするだけなら、片側二車線以上ある街灯で明るく照らされた道路を歩けばいいだけです。
しかしポケモンスポットって、微妙に大通りから外れた場所にもあるんですよね。

和歌山市の某お城周辺の散歩コースを歩くようにしてましたが、道路沿いの大きな公園にもポケモンスポットを発見しました。
この公園の大通りに面した部分は街灯のおかげで明るい状態です。

しかし公園の奥はかなり暗いんですよね。

とはいえ、公園の奥の方にもポケモンスポットのマークがあったので奥へと進みました。
恐らく普通の精神状態なら、公園奥の暗くて薄気味悪い所なんて近寄りもしなかったと思います。

しかしこの時はポケモンGOで感覚が麻痺してたんでしょうね。

まるで魅入られるかのように公園の奥へと歩き出しました。

石段の奥にあったものは

しばらく歩いてるとすべり台や鉄棒等の遊具ゾーンは過ぎ、目の前には上へと登る石段が現れました。
ポケモンスポットは石段の奥にあります。

この時点で周囲はまっくらなんですが、スマホのライト機能で地面を照らしながら奥へと進みました(モバイルバッテリーがあるので、ポケモンアプリとライトを併用してもバッテリーは大丈夫)。

5分ほど奥へと歩くと開けた場所へと到着し、その奥に神社のようなものが見えてきました。

真っ暗なので何かハッキリとわかりませんが、そういう類の物だというのだけはわかりました。
ポケモンGOアプリで確認すると、どうも奥の神社がポケモンスポットになってるのだとわかりました。

神社仏閣お寺等がポケモンスポットになってる事は多いですし、今回のポケモンスポットもそういうトコだったんだな・・と神社内に入ってポケモンをゲットしました。

まあこのポケモンはレアでもなんでもなかったんですけどね。

ただポケモンゲットする時ってスマホを立てて画面をスワイプしないといけません。
その時に操作を誤り、カメラ機能を作動させてしまい写真をパチリと撮ってしまいました。

しかもスマホはライト付けっぱなしの状態です。

この行為がこの神社に住まう何者かの逆鱗に触れたんでしょう。

アプリの写真を撮影した瞬間

パチリと撮った瞬間、周囲の空気が急に重たくなりました。

もしかするとこの地へ足を踏み入れた頃からヤバかったのかもしれません。
着いた当初はポケモンの事しか考えておらず、何も気づいてなかったんですよね。

とにもかくにも、この重たい空気はヤバイ・・早くここから抜け出した方が良いと考え、来た道を引き返しました。

そして神社前の大きな広場まで戻ってくると、大きな石版の影が妙に揺れ動いてるんです。

石版の後ろには樹がありますし、この樹が風で揺れてるのかなと最初は思いました。

しかしこれ、大きさ的に樹の影じゃないんです。

暗くて影としかわかりませんが、この影は一歩一歩こちらへと近づいてきてるのがわかりました。
私のように他のポケモンGOプレイヤーがここまで来たのかもしれない・・と少し思いましたが、それはありえないと悟ります。

地面が砂利なのに足音一つさせず近づいてくるなんて人間には無理だからです。
これはヤバイ・・・捕まったらヤバイ・・と本能的に悟り、ダッシュで逃げ帰りました。

公園の遊具コーナーに着いてから振り返ると、後ろには何もなく逃げ切れたことを悟りました。

この事が気になり、後日の日中にこの公園の奥の神社まで行きました。

石版に刻まれていたものは

すると夜中に見た石版っぽいのもあります。
この石版を良く見ると、戦争で亡くなった方達の墓石でした。

この地域も戦争で空襲にあったらしいんですが、逃げ場を求めてこの大きな公園まで逃げてきた人がここで大量に亡くなったとの事。
恐らく深夜にズカズカと侵入してきて撮影までする私に怒りを感じたんでしょう。

この墓石に手を合わせ、先日は失礼な真似をしましたと深くお詫びしました。
この出来事を経験してからポケモンGOを封印し、二度とプレイしないようになりました。

この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 0 reviews