【曾祖母の霊】伯父宅にて夜中に玄関チャイムが何度も鳴る。いったい誰が?

54歳 PCヘルプデスク 女性 諏訪さん 愛媛県伊予市で本当にあった怖い話

私がまだ高校生だった頃のこと。大往生した曾祖母がまだ生きていた時の出来事です。ちょっとした幽霊騒ぎがありました。言うまでもなく、実話です。

当時、曾祖母は伯父夫婦の家に同居しておりまして、離れの一角に住んでおりました。曾祖母は97歳で亡くなりましたが、最期まで頭ははっきりしており、認知症などどこの世界の話? という感じで、近所を散歩したり井戸端会議をしたり、悠々自適に老後ライフを満喫しておりました。

そんなある夜のことです。

伯母の話によると、真夜中、突如として玄関チャイムがピンポーン! と鳴ったんだそうです。

こんな時間に誰だろう、と思いつつ、布団に入っていた伯母は玄関に行ったそうです。伯父は釣りを趣味としており、たまに夜中に釣り仲間がやって来ることがあったため、今回もそれか、と思ったそうです。

が、しかし、ドアを開けても誰もいない。

聞き間違いか、と思ってまた寝たそうです。
が、それからしばらくすると、またピンポーン! と玄関チャイムが鳴ったそうです。
再び伯母が玄関ドアを開けたんですが、やっぱり誰もいない。

しかも、またしばらくするとピンポーン。

いったいどういうこと? と伯母は苛立たしさよりも怖くなってきたそうです。こんな時間にピンポンダッシュするようなアホはおらんだろうし、子供が出歩く時間でもない。だいたい、家の周囲は田んぼしかないド田舎の農村地帯。昼間でも廃村かと思われるほど人口密度の低い地域です。

誰もいないってことは、まさか幽霊でも来たのか? 誰かに恨みをかった覚えはないけど、いや、あったりなかったりだけど……。

しかし、一人で行くのはもうヤダ! とばかり伯父を叩き起し、一緒に玄関へ行ってみたそうです。

で、恐る恐る玄関ドアを開けてみたんですが、やっぱり無人。

二人ともぞぞーっとしたそうです。それでなくとも、祖父はとある教団の支部長で、この手の実話はよく聞いています。故に、一気に怖くてなってしまったようです。とても眠る気になれず、夜が明けるまで起きていたとか。

朝になってから判明したことなんですが、近所に曾祖母の友達が住んでおりまして、この方が夜のうちに亡くなっていたそうなんですね。

要するに、曾祖母に最後のお別れを言いにこの友達の幽霊がやって来て、玄関チャイムを鳴らしたのでは、ということです。しかし、玄関に伯母が立ちはだかっていたので中に入れず、何度もチャイムを鳴らしていたのではないか、とのことでした。

数日は、ちょっとした騒ぎでした。母屋に住んでいる祖父母にも即座にこの話が飛んで行ったので、こちらも大騒ぎ。伯父宅から歩いて数分の我が家にも祖母がやって来て、こんなことがあったのよ、と怖い話をいくぶん楽し気に披露してくれました。

が、この怖い話には後日談があります。

何故、玄関チャイムが鳴ったのか、伯父が調べたんですね。

すると、屋根裏を這っているチャイムの配線に問題があったそうです。配線をよくよく見たところ、鼠が齧って銅線が剥き出しになっている部分があったんです。で、鼠が走ってその部分に触れるたびに電流が流れて、ピンポーンと鳴っていたんだそうです。

電気配線に関して全く知識がないため、どういうからくりでそういうことが起こってしまったのか、私には全く判りませんが、とにかく鼠のせいだったということでこの話は解決しました。

なーんだ一件落着。と思われたんですが、しかし、謎は残ります。曾祖母の友人が亡くなった時刻にだけ、何故チャイムが鳴ったのでしょう。鼠がそんなこと知っていたわけありませんし、忖度するわけもないですし。

今も不明です。

幽霊の正体見たり枯れ尾花、というようにすっきり解決とはいかなかったようで、今でも親戚の間では語り草になっております。

ちなみに私の父も祖父が亡くなったときに屋根裏から音がしたんだとか・・・