幽霊との共同生活!霊に助けられた友達の話

31歳 専業主婦 女性 ちび子さん 神奈川県相模原市で本当にあった怖い話

今からお話する事は、私が昔に体験した実話です。
あれは私が20歳になりたての頃です。

霊感の強い友達

私と友達はお互い神奈川県の相模原市に住んでいたいました。

お互い一人暮らしで家が近く、よく週末朝まで遊ぶ事が多かったのです。
その友達は昔から霊感が強く、よく幽霊を見るなどしていました。

私自身も不思議な体験をした事が何度かあるので、よくお互いが体験した話をして盛り上がっていました。

ある日、私の家が電気の工事でお風呂が使えなかったので、友達の家にお風呂を借りに行く事になりました。

友達の家には初めて行くのでワクワクしていると、友達が窓から覗いて私を待っていてくれました。

しかし、私に手を振っている友達の後ろに人の影があったのです。

私は怖くなってしまい咄嗟に下を向きました。

とりあえず友達の家に入り、その事を伝えると、友達は「私の家幽霊いるんだよねー」と笑いながら話しました。

でも、家に入っても嫌な感じもしなかったので、私の中で「気のせい」という事にしました。

友達の家のお風呂で

その後、私は友達と話が盛り上がり、先程見た人の影の事は頭の中にはありませんでした。

話が一段落したので、私はお風呂を借りる事にしました。

シャワーを浴びていると熱気ですぐに浴室が曇ってしまいました。

私は換気扇が回ってないのかと思い、お風呂場から友達に「ごめん!換気扇回してくれるー?」と頼みました。

すぐに「はーい」という返事と共に、パチっとボタンの音がして換気扇が回り始めました。

そして、お風呂から出ると友達が「アイス買ってきたよー」とアイスをくれました。

アイスを食べながら「さっきは換気扇付けてくれてありがとう!」とお礼を言いましたが、友達は「えっ!何の事?私さっき帰って来たばっかりだよ」

と驚いていました。

実は友達は家にいなかった

そうなんです!私がお風呂に入ると同時に友達もコンビニに出掛けていたのです。

なので、家には私一人しかいないという事になります。

しかも、お風呂の形がユニットバスで、電気を付けると換気扇も回るタイプだったのです。

私がその話をすると、友達はすぐに「あぁ、あの人だ!」と納得していました。私は訳がわからなく、友達の話を聞く事にしました。

それは、友達が霊に悩まされていたときに、強い霊能力者に相談した事があり、悪い霊をお祓いしてもらいました。

その時、霊能力者の方に、「あなたの家には看護婦をしていた方の霊がいます。しかし、悪さをする霊ではなく、むしろ側にいてもらった方がいい」と言われたのです。

実は幽霊のおかげで体調が良かった

友達は、その家に住む前は喘息が酷かったのですが、その家に住んでからほとんど喘息が出なくなったと言っていました。

それは、看護婦の霊のおかげみたいです。

なので、換気扇を付けてくれたのは多分その看護婦の霊だと思います。

その後、私は友達とお話をして自分の家に帰りました。

普段不思議な体験をしても気のせいだと思えるのに、今回体験した事は気のせいにはできませんでした。

確かに声も聞こえたし、止まっている換気扇も動きだしました。

これは約10年前のお話ですが、私は未だにこの体験を鮮明に覚えています。

幽霊も感情をもった元人間です。看護師として働いていた方なら、やはり、人を思いやる気持ちなどが残っているのでしょう。あくまでも、別の念や思い残りでこの世に残ってしまう場合がありますが、霊=すべてが邪悪と決めつけることはできません。
この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 4 reviews
by m on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

普通に聞いたら怖いーーでも体調良くなるとか良い幽霊もいるんだな。

by のひろ on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

なんだかいい話ですね

by おもち on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

霊って怖いイメージしかなかったのですが、そんなことないのですね。

逆にほっこりしてしまいました。

by さくらこ on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

とても怖い…というわけではなかったのですが、すごくいい話だなと思いました。幽霊の中には人にとって良いことをもたらしてくれる人もいることに気付かされました。