私の不思議な実体験!?幽体離脱というのは本当にあったのか

42歳 システムエンジニア 男性 やつだたくみさん 静岡県袋井市で本当にあった怖い話

私が高校生の時に体験した不可思議な実話です。
この時の経験で、はじめて心霊を体験しました。

思い出すと今でも、とても不思議な体験ですが確かに私の目の前で起こった出来事なのです。
怖い話しというよりも、とにかく不思議なことで、ファンタジーを感じる話しです。

かわいがってくれた祖母

私には、とても大好きな祖母がいました。祖母には私を含め全部で13人の孫がいました。

私は幼い頃より両親と祖父母と兄弟の7人家族として暮らしていました。

多くの孫がいる中で、祖母はいつも私のことをとても大事にしてくれました。

孫の中でも、私が1番可愛いと言葉に出して言ってくれました。

祖母とは、夏休みなどによく遠い親戚の家まで鈍行電車を乗り継いで2人で出掛けました。

そのことは、今でもハッキリと覚えています。

やがて私も成長し、高校生になると私も何かと忙しくなり、祖母との触れ合いも子供の頃に比べて呆気なくなっていきます。

両親との関係も悪化したことが、祖母から離れていく原因でもありました。

そして、祖母も年老いていき、年々弱っていきます。
入退院も次第に繰り返すようになりました。

それでも祖母のことが気になる私は、バイト帰りに寄れる時は、いつも祖母のところに寄って顔を見ていきました。

危篤のはずの祖母が・・・

ある時、学校とバイトで忙しい日々が続き、2週間ほど病院に立ち寄ることが出来ずにいました。

そんな中、バイト帰りにどうしても気になり、病院に立ち寄り、祖母の様子を見に行きました。

個室の祖母の病室に行った時には、なぜか祖母の姿がありませんでした。

まさか?とは思い、ナースセンターに問い合わせすると、私が病院に着く直前に祖母の状態が急変し、集中治療室に移ったということだったのです。

本当に私が病院に着く直前に様態が変わったらしく、祖母の意識は、その時なかったようです。

ちょうど病院は、家族にも連絡しようとしていたところ、私が現れたそうです。

私が集中治療室の前に行き、祖母の姿を見ることができました。人工呼吸器をつけられて眠っているように見えました。

祖母の姿を確認し、見守ることしかできない私は、病院にやってきた親戚の叔母と言葉を交わし家に帰ることにしました。

すると病院のロビーに無表情の祖母がこちらを見て立ちすくんでいるじゃないですか!?

おかしいな?と思い近づくと、その姿は消えていました。

祖母に引っ張られる?

念の為、集中治療室に戻ると、やはり祖母は意識不明のまま眠っていました。

やはり、私の見間違いのようでした。

そして私は、家に帰ろうと自転車に乗り漕ぎ出したました。

祖母の姿を見かけ、ぼーっとしていた私は、気がついたら目の前に地面があり、頭を強打し、そのまま意識を失いました。

そして私は、夢の中で、祖母が私の手をグイグイ上に引っ張り上に引き寄せようとしていました。

私はその光景を、上から見ていたのです。

自分の姿を自分で見ている感じです。

そして、グイっと祖母に引っ張られたところで目が覚めたのです。

なんと私は車との接触事故にあって2日間意識不明だったのです。

不思議なことに私が意識を回復すると、祖母も意識を回復していたようです。

そして話せるようになった祖母は、いつも見に来てくれてありがとう。

来てくれているのは、わかっていたよと言うのです。
なんと無意識ながら私のことが見えていたようです。

そして、幽体離脱していた私をこの世に連れ戻してくれたのも祖母だったのです。

私を救った祖母は、その3日後息をひきとりました。

人は亡くなるときに徐々に魂が抜けてゆくのだそうです。もしかしたら、祖母の魂が抜け出て投稿者の前に現れたのかもしれませんね。所謂、虫の知らせというのは、こういうことなのでしょう。
この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 1 reviews
by 沙夜 on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

怖い話なのかなと思いましたが、いい話でした。
投稿者の祖母と投稿者の絆のようなものを感じました。
投稿者のほかにも孫がいる中、投稿者のことを特にかわいがってくれたり、交通通事故にあった際に助けてくれたり。
祖母のご冥福をお祈りいたします。