出張先で立ち寄った神社にはどんな秘密が?これって祟りなの?

54歳 会社員 男性 ポンチョうさん 埼玉県久喜市で本当にあった怖い話

神社って神様がいるところだから、どんな人も守ってもらえるものだと思っていませんか?
神様にも気性が荒い人っているんだな~とつくづく思い知らされるような体験をしました。

偶然と言えばそれまでですが、誰が聞いてもやはり同じ意見に落ち着くのでやっぱりそうなのだと思います。

私が、初めての出張先で体験した不思議なお話です。

初めての長期出張先で知らずにしていた失礼なこととは?

会社に入社して初めて長期の出張に関東方面に行った時の話です。
マラソンが趣味だったので、出張先など知らない土地必行くと走るのが大好きです。

その時も、関東地方で3ヶ月の赴任を命じられて走る気満々でいました。
全く知らない土地だったので、地図を見ながら毎日あちこち走り回って新しい発見をするのがとても楽しかったです。

仕事は本社にいる時よりも楽だったので、仕事終わりに毎日のように走っていました。

ある日、神社に行き着き、せっかくなので中を見て回ろうとおもい神社の敷地内にそのまま入りました。

その神社は、アニメの聖地にもなっているようでたくさんのアニメの絵馬がありました。

アニメの聖地だし、若い人も多くて、賑やかな神社だなと思ったのが第一印象でした。

しかも信心深い人が多いのか、全員と言っていいほど鳥居のところで一礼していました。

「へ~通る人通る人みんな一礼するんだな~」と感心しながら、しばらく見てしまったくらいです。

そのあと、境内の写真を撮ったり、自撮りをしたりしてゆっくり過ごしていました。

ふと思いつき、アニメ好きの友達のために動画を撮って送ってみました。

「この神社知ってる?」と聞くと、「知ってるよ!行ったんだ~いいな~」と言う返信で、別段アニメが好きなわけじゃなかったのですが、ちょっと得した気分になりました。

今思えば、これが神社の神様に対してやっていた失礼なことだったのかもしれません。

気分良く神社を出た途端に!

神社にしばらく滞在したものの、小銭を持っていなかったので、お参りはしないでそのまま帰りました。

気持ち的には何も後ろめたいことも感じず、「まぁいいか!」くらいの軽い気持ちでした。

何も全員がお参りするわけでもないだろうし、これだけの人がいるのだから観光だけに境内に入る人もたくさんいるだろうと思っていました。

さて、アパートまでもうひとっ走りするぞ!と走って神社を出た途端、木の根っこに足を引っ掛けて思いっきり勢いよく転んでしまいました。

長年走っていて転んだのはこれが初めてでした。しかも走る時には捻挫が怖いので足元をチェックしながら走る癖がついていたのに、その日は不思議と足元を見ていなかったのか思いっきり転びました。

すねをすりむき、手首から肘にかけてもコンクリートで擦りむいて結構な出血をしていました。

流血しているのでタクシーに乗っても迷惑がかかるとおもい、だらだら血を流しながらアパートまで戻り、血を洗ってからタクシーに乗り近くの病院に行きました。

幸い骨折はしておらず、擦り傷の手当てだけしてもらって帰りました。

怪我だけには止まらず・・・

翌日は仕事なので6時に携帯のアラームをセットして、その日は早く眠りました。

ふと夜中に夢を見て目を醒ましました。

神社の鳥居をぐるぐると廻っている自分がいて帰りたくても帰れないと言う夢でした。

目が覚めるとぐっしょりと汗をかいていて、きっと夢を見ながら走っていたのかも?とおかしくなってまた眠りました。

朝になって携帯を見るとリンゴマークがついたり消えたりして、いわゆるリンゴループ状態になっていました。

時計を見るとちょうど6時。

よく寝坊しなかったとホットしながらも、壊れてる携帯を持って出社しました。

その日は一日中ループが止まらなくて、中のデータがとにかく心配で仕事が終わったら即行で携帯電話会社に行きました。

携帯会社の人からは珍しい状態だと言われて、原因を色々聞かれましたが、おそらく転んだ時に衝撃を受けたのかも?と言うことになりました。

今までに携帯電話を床に落としたこともあるのに、リュックで背中に背負っていた携帯電話が転んだくらいの衝撃で壊れるものでしょうか。

家族全員が同じことを思った偶然って?

携帯電話は交換してもうことになり、アプリなどを復活させてなんとか家族に連絡を取りました。

経緯を話すと、家族全員の意見が「神社じゃない?」と言うことになりました。

見える限りの全員が一礼して入る神社なんて珍しいし、そこに行って一礼もせず、お参りもせず、ただ写真と動画を撮って帰ったことが神様の逆鱗に触れたのでは?と意見が一致しました。

早速、神社にもう一度行き、今度は一礼とお参りを済ませて、「あの時はすみませんでした。」と謝って帰りました。

出張先の人に話してみたのですが、特に思い当たることはないと言われました。

全員が一礼して入るのは気づかなかったと言われました。

その後その神社の鳥居が・・・

私が行ったのは4月でちょうど桜の頃でした。

その年の夏、その神社の鳥居は倒壊したそうです。老朽化が原因とされていますが、そのことを聞いてとても驚きました。

けが人もいなかったとのことで安心しましたが、何か訴えていたのでしょうか。

私の怪我との関係は全くないとは思いますが、そんなことがあった場所での鳥居の倒壊なのでなんだか不思議な感じがしています。

神社の中にいる神様と、霊の存在って、非常に近しいものがあって、神様も霊の一種。やはり、虫の知らせというか、今回のような怪奇な現象を起こすんでしょうね。
この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 0 reviews