お葬式の日に欠席!死んだ祖父が会いに

お葬式の日に欠席!死んだ祖父が会いに

44歳 自営業 女性の心霊体験

私の中学生の頃、父方の祖父が亡くなりました。

父の実家は九州で、私の家は神奈川県。会う機会は本当に少なかったものの、おじいちゃんは私たち孫に会うのをいつも楽しみにしていました。

おじいちゃんのお葬式の日、私の学校は定期試験の予定になっていました。

本来なら学校を休んでお葬式にいくべきなのでしょうけれど、私の両親は旅費が無かったのでしょう。

子供たちを自宅に置いて、2人でお葬式に出席しました。

「本当に私は行かなくてもいいのかなあ」

と、兄や姉に行ってみると、

「親父とお袋が行ったから、俺たちは行かなくてもいいんだよ」

と兄に言われました。

お葬式2日目で

その時、お葬式には1回も出席したことがなかった私は、ただお葬式が2日間あるという事だけ聞かされていたのですが、その2日目の葬儀が終わった日に驚くことが起きたのでした。

2日目なので、告別式や火葬がその日に行われたのでしょう。

私は試験を終え、眠くなって昼寝をしたために、その日の夜はなかなか眠ることができませんでした。

両親はもう1日九州に泊まっていくと言っていたので、この日は私たち兄弟3人で過ごすことになっていました。

夜になり、母から電話が1本入りました。

「何か変わった事はない?」

「ご飯は食べてる?」

といったような内容で、最後に

「お葬式終わったから。明日帰るからね」

と一言。他愛もない親子の会話でした。

胸騒ぎがする・・・

その日、私はテレビを見ていても、ご飯を食べていても、なぜだか無気力になっていて、心の奥底ではおじいちゃんのお葬式が気になっていたのです。

ですが、私たちは連れて行ってもらえなかった。

昼寝を終え、夕食を済まし、いつもの番組を見て、私は自分の部屋に行き、眠る準備をしました。

ですが、昼寝をいっぱいしたために、眠かったのですが全く眠れなくなっていました。

お別れに来たおじいちゃん

夜中の0時を過ぎてから、何となく部屋の空気が冷たく感じ、眠くならないけど寝ようとベッドに座ると、私は人の視線を感じました。

「誰かに見られてる」と感じたのです。

「いや、まさか・・・」と、その視線を否定したものの、その視線の方向を見ると、そこには人が座っていたのです。

それも私の隣りで、半透明の男性が、間違いなく見えたのでした。私はその男性がおじいちゃんだとすぐに気づきました。

「おじいちゃん、お葬式に行けなくてごめんなさい。私たち連れて行ってもらえなかったの。ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と、恐怖に恐れおののきながら謝り続けました。

おじいちゃんの顔には全く笑みがなく、苦しい表情もしていませんでした。

無表情で、悲しみすらも感じ取れない、何か孤独な、とても言葉では言い表せないような表情となっていました。

あとで聞いた話なのですが、私のおじいちゃんは最期の方で認知症になり、私の事も覚えていたのかどうかという状態だったそうです。

そんな状態でも、孫に会いに来てくれたのでしょう。半透明のおじいちゃんは、私が怖がっている間に消えて、それ以来、私の目の前に現れる事はありませんでした。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

怖い話の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 0 reviews

怖い度(小)の怖い話カテゴリの最新記事