たかが金縛りでも初心者には恐怖!中途半端な霊感に目覚めた恐怖

21歳 舞踊家 女性 あららさん 東京都東村山市で本当にあった心霊の怖い話

正直なところ、霊感というものとは縁がない私でした。

心霊とかの目撃も、最も霊感が強いはずの青春時代にも経験したことはありません。

逆に、少し年をとって、普通の人が霊感が弱ってくるあたりで、強くなりだしたのは本当に不思議なことです。

そんな私ですので、いわゆる怖い話と言うものとも、無縁に過ぎしていましたし、縁起というようなものにも無関心だったのです。

それが大学時代にあったある出来事から、一変することになりました。今でもこの実話のせいで、方角には神経質な私なのです。

引越し先で自室が持てて

当時住んでいた家は、いわゆる建売住宅でそれなりの部屋数もあり、私の自室も確保されました。

それまでが両親と一緒に寝る生活、高校までそうだったもので、自室が持てたのが嬉しくて仕方ありませんでした。

その建売住宅のあたりの地域が、何かあったというようなことも聞いていませんでしたし、両親もそう言ったこととは無縁だったので、気にもしていなかったと思います。

まあ特に問題もなく、その家に落ち着いたのは私が高校生の頃でした。ある意味最も霊感の強い時期ですね。

でもそのあたりでは何も起きなかったのは事実です。

大学時代の暑い夏の夜

高校時代というのは、朝も早く夏でも暑くなる前に学校に行ってしまいますね。でも大学になると夜も遅く、自然不規則な生活になります。

休みの日には昼間で寝ているなどという生活になるわけです。

自室の最も問題は、窓が南側と西側についているということでした。夏は昼から午後いっぱい暑いわけです。

なので寝坊するのも本当に、暑さとの戦いでした。でも根性入れて暑さと戦っていたものです。

早く起きればいいじゃないのと親に言われたものですが、暑さなんかで負けてたまるかという妙な意識もあったのです。

である晩、気がついたのですね。南の方に頭を向けているから、朝早くから明るいし、しかも日が差し込んで暑いんだと。

だったら頭と足の方向を、入れ替えればいいじゃないかと。

この時は、北枕などということに関して全く問題にしていなかったのです。

いざ北枕で寝てみた私は

これで朝から頭が暑くて辛いということともおさらばだと、勇躍逆向きに枕を置いて寝についたのです。

足先が冷えることもないし、何で今までこうしなかったんだろうと自分を叱咤しつつ、寝に付きました。

がしかし、あれは多分3時位だったと思います。不意に目が覚めたんです。

何が起きたわけでもないのに、目が覚めて、そして気がついたら動けなかったんですね。いわゆる金縛り状態です。

そんなの生まれて初めてだったので、パニック起こしましたが、ピクリとも動きません。

声を出そうとしたのですが、声も出ません。何かが上に乗っているように、とにかく動けない声が出せない、息も不自由。

正直怖いのと、動けないということに対して頭にきたので、気分的にはもがいてとにかく声を振り絞りました。

かすれた声が出た途端、金縛りも溶けたのです。

一応解決したと思ったんですが

もう北枕は懲り懲り、とすぐに方角を変えて横になりました。でももちろん、その後はほとんど眠れませんでしたね。
そしてこれの何が影響したのか、この後私の霊感が強くなっていったのです。

視えませんし、話もできません。でもそこにいるというのがわかるし、わかるせいなのか付いてこられてしまうことが増えました。

中途半端に増加してしまった霊感、もしそれがあの何気にやった北枕のせいだとしたら、本当に悔やんでも悔やみきれない思いです。

霊感は子供の頃に強いとは言われています。しかし、私の友人もむしろ思春期を過ぎたくらいから心霊の姿が見え始めたと言っていますので、逆に大人になってから見え始める人もいるのでしょうね。怖い話でした。