天竜川に架かる橋・心霊スポット南原橋で体験した怖い話

28歳 鉄鋼関係の受発注業務 女性 ていんさん 長野県下伊那郡天龍村で本当にあった怖い話

これは、私がまだ小さい頃に体験した実話です。

心霊や幽霊といったものは目に見えないので信じていませんでしたが、あの一件があって以来、幽霊はいると確信しました。

自殺の名所「南原橋」

私の家から車で5分くらいの長野県飯田市駄科という所に、南原橋という名前の、悲しい事に自殺が多い事で有名な赤い橋があります。

ネットにも自殺の名所として上がっている為、橋の近くで発見される車は県外ナンバーも多いようです。

下の天竜川は水が少なく、岩がゴツゴツ突き出ており、橋も高さがあるので、確実に命を絶ちたいと思われる方はこの橋を最期の場所に選ばれるそうです。

また、この橋は山の中に入っていく途中にあるので、車も人もあまり通らず、木々の生い茂った渓谷にあるので、人目を凌ぐにはちょうど良いそうです。

本当に頻繁に自殺者があるようで、その橋の近くに住む叔母は、日常茶飯事のように南原橋での怖い話をしてくれます。

夜中にポチャンという音が聞こえた、と言われた時には背筋がゾッとして思わず耳を塞いでしまいました。

また、これも不思議な話ですが、南原橋から飛び降りた人の遺体は行方不明になるか、何ヶ月か経って白骨化して見つかる事が多いようです。

なぜ浮いてこないのか、何かとてつもなく強い力で深くまで引き込まれてしまったのか、本当に不思議です。

青白い顔のおじさん

これも実話ですが、私の母が一度だけ、橋から飛び降り自殺をする前の人を見かけた事があるようです。

その橋は南原橋ではないのですが、見下ろすと下の川が小さく見えるくらい高さのある橋で、柵も低いので、誰でも簡単に乗り越えられる事もあり選んだのでしょう。

母が昼間に車で通った時、その中年の男の人は、青白い顔で俯きながら、橋の端まで行ってまた折り返す所だったようです。

その時は何してるんだろう?と母も思ったようですが、その次の日の夕刊で、彼は翌日の早朝に橋を乗り越えて転落死した事が判明しました。

前日の昼間から翌朝までの長い時間、ずっと迷い続けて苦しんでいたのでしょうか。それでも断念できないくらい現実世界は辛かったのかと思うと胸が痛くなりました。

彼らは呼んでいる

私は子供の頃、南原橋がそんなスポットだと知らず、妹と一緒に橋の上を歩いた事があります。

柵の間から下を見下ろした時、特に登った訳でもないのですが、すごく高さがあるからか、足の力が抜けてふわっと落ちそうな感覚がしました。

というより、川に引きずりこまれるかと思ったくらいです。その時がすごく怖かったのでもう行っていませんが、後にそこが自殺のスポットだと知った時は、なんだか納得しました。

ふわっと吸い込まれそうになったのは、寂しくて呼んでいるのか、同じ目に会えばいいという憎しみなのか、よくわかりません。ただ、自らの命を絶つほどに強い魂がその橋には存在しているということを忘れてはなりません。

人1人くらい簡単に引きずり込めるくらいのパワーを持っている事でしょう。

強い意志を持とう

私は、体の力が抜けてふわっと川に引き寄せられそうな感覚がした時、無意識に強く「嫌だ!」と思った事で解放された気がしました。

妹もどうやらそうだったようです。

しかし、母が見かけたあのおじさんの様に、迷いの心が生じていて強い意思がなかったり、面白半分で行く人達は、もしかしたら引きずり込まれてしまうかもしれません。

実際、心霊スポットに冷やかし目的で行った若者グループの車が、行くまでに事故で全員亡くなってしまったというようなニュースもありました。今思い返しても本当に怖い話です。

実は、私、龍の父が住宅メーカーの営業マンで、この橋を通ったことがあるそうなのですが、霊感の強い、私の父。霊気を感じた・・・という言葉を思い出しますね。
この怖い話に点数をつける
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

この怖い話に点数をつける

恐怖体験の怖きゃん倶楽部
Average rating:  
 4 reviews
by ノッポさん on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

自殺は悲しい行為です。
お話そのものはそんなに怖くないですが
同じ場所でみんな死のうとするのは引かれているのかな・・・?

あっちの世界に。

by ノッポさん on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

自殺は、本当に悲しい行為です。
怖いかといえばそんなに怖くないですが
みんな同じ場所で自殺しようとするのは引かれているのかな・・・?

あっちの世界から

by ノッポさん on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

自殺は悲しい行為です。

お話そのものはそんなに怖くないですが

同じ場所でみんな死のうとするのは引かれているのかな・・・?



あっちの世界に。

by ゆう on 恐怖体験の怖きゃん倶楽部

夏なのでもっとたくさんの話を読んでヒヤッとしたいです。