浜松市西区入野町県道326号にある架道橋であった怖い話【実話】

23歳 フリーター 女性 バイカルアザラシさん 静岡県浜松市で本当にあった恐い話

これは三年前、高校生の時に私が体験した心霊の怖い話です。

この出来事があってから、当時の記憶が甦って夜は出掛けられなくなってしまいました。

皆さんに心霊が危険だという事を知らせたくて、ここで話すことにしました。

心霊スポットなど、気軽に行ってはいけません。

地縛霊と出遭った要因?

冬の日、金曜日の夜でした。

夜七時前でしたが、日の入りが早くて外は既に真っ暗でした。

私自身、そんな場所に一人で居るのはよくないと思っていたのですが、突如土曜日に彼氏とデートすることが決まり、可愛い服を用意しなくては、と考えていました。

県道沿いには古着屋があり、お金もなかったので、古着で良いものがあれば、それでも良いかもしれない、と思い、自転車で向かう事を決めました。

私はとても浮かれていました。

それが、心霊の逆鱗に触れてしまったのかもしれません。

県道326号にある、架道橋で

私の行く道はある場所で、新幹線の道と交差します。

道は一瞬暗く、トンネルのような感じになるのです。

後から調べたら架道橋という名前だと知りました。

架道橋はどこにでもあるように思いますが、私は前から、ここの架道橋だけを怖いと思っていました。

それはおそらく、霊感的なものもあったのですが、地元の友達が口を揃えて地縛霊がいる、と言っていたせいでもありました。

話は戻ります。

その道を通らないで行くことも出来るのですが、大きく時間が掛かってしまいます。

時刻は六時三十分くらいで、営業時間は七時までだったので、仕方なくその道を通ることにしました。

人の影?

架道橋の前まで自転車を漕いでいくと、自転車のライトが人のシルエットを照らし出しました。女の人の細い影です。

ああ、誰かいるんだ。良かった、と私は思いました。

でも、こんな時間に誰だろう、と何気なく視線を向けると、その人は、びしょ濡れで、白いワンピースを着ていました。

そして、眼玉の裏返った白い眼で、こちらをじっと見ていました。

やばい、と思う間もなく、次の瞬間、私は地面に放り出されていました。

今考えると、金縛りで自転車をこげなかったのだと思います。

女の人は譫言を言いながら、ゆっくりと近づいてきました。

何を言っているのかはよくわかりませんでした。

私は怖くて、目を閉じて、ずっと夢だと言い聞かせていました。

しばらく経って、いなくなった気がしました。

一時間以上転がっていたと思います。

誰か通っても良いものですが、誰も来ませんでした。

流石にはやく帰らなければ、と顔を上げた瞬間、目の前に白い眼がありました。

女の人が顔を覗き込んでいました。

女の人はニタリと笑み、私は余りの恐怖で気を失いました。目を覚ました時には、何もいませんでした。

倒れた自転車を戻し、私は踵を返して息を切らせて家に帰りました。

お母さんの話

家族にそのことを話すと、笑われましたが、余りに私が真剣だったので、無事でよかったね、と言われ、お母さんは抱き締めてくれました。

お母さんは言いました

「近くに小さな川があるでしょ?そこに昔、小さな子供とお母さんが流されて、そのお母さんは子供を助けて死んでしまったの。もしかしたら、その心霊かもしれないわね。きっと子供も旦那さんとも会えなくなってしまったお母さんは、寂しかったのかもしれない」

私は心霊が濡れていたことを思い出しました。

「女の人は濡れてた。その人かもしれない」

お母さんは頷いて言いました。

「そっか。じゃあ明日、花束をお供えに行こう。ごめんなさいって謝りに行こう」

デートをキャンセルし、お母さんと二人で花束を置きに行きました。

きっとどの心霊にも、成仏できなかった理由があります。

私は心霊が怖かったけれど、その時悲しくなりました。

だから面白半分で心霊スポットなんて行って欲しくありません。

心霊には関わらず、なるべくそっとしておいてあげるのが、一番だと思います。

心霊も元々は生きていた生身の人間。あなただって死んでから他人にバカにされたり、興味本位で見られたくないはずです。そんな死んだ人に対する冒涜が恐怖体験を生んでしまうことにつながります。怖い体験をしたくなかったら心霊スポットに行ったり、してはいけません・・。